「2013年12月」の記事一覧

イギリスへ移住して仕事をする

日本を出て海外に住みたいと考えている人の目的地として人気のある国、それがイギリスです。この国の首都であるロンドンには多くの外国人が生活をしており、仕事を探す場合も他の地域よりもはるかに見つけやすくなっています。また、職に就く場合には、ワーキングホリデーのように短期間のみ滞在をする方法がある一方で、住民権や永住権を取得する、もしくは労働許可書を取得する事で移住をする選択肢もあります。では、住民権や労働許可書を日本人が取得する為に必要な方法とは何でしょうか。

まず、労働許可書を取得する事は英国内で働く為には必ず必要になります。その一方で、移民の取り締まりによって徐々に許可書を取得する事が難しくなっている面もあるので、日本国内にいる時から人材派遣会社を利用して職場を探しておく事が大切です。そして、住民権や永住権に関しては、イギリス人と結婚していることの他に、4年間の労働許可書を取得した場合には更新をする時に永住権の申請許可が出るので、英国内に引越したいと考えている場合には、ビザの取得を同時に行ってくれる企業を見つける事がベストな方法と言えるでしょう。

これから英国への移動を考えている場合には、事前に就職先を見つけておく事と、なおかつ、労働許可書の申請手続きを行ってくれるのか、何年の許可書を発行してくれるのかという事を事前に確認した上で、自分の将来の目的に合わせた場所に就職をする事が必要です。

イギリスで日本語教師として働くにはどうする

ヨーロッパにおける日本への興味は年々高まってきており、海外でも日本語を勉強する生徒が数多くいます。そして、その生徒の為に日本語教師として大学や高校に就職をする人もいる他、個別レッスンを行っている専門学校に就職をする日本人の教師もいます。イギリスにおいても、教師として活躍をしている日本人は多くいるのですが、どのように教師のポストを見つける事ができるのでしょうか。

まず、英国で教師として働く場合には、以前の職歴が重要になってきます。特に、高校や大学などの学校内で仕事を探している場合は、その点がかなり重要になる他、教師としての資格を取得している事が大前提です。また、英国内での教師としての経験も必要になる事がある他、大学のレベルによっては英語力に関してもある程度のレベルを必要とする場合があります。

その一方で、個人レッスンを行っている専門学校で教師として働く場合には、免許を取得していない場合でも雇う場所があります。そして、今は自宅に居ながらオンラインレッスンの教師として働くという選択肢もある事から、より幅広い年齢層の人が教師として働く事ができるようになりました。英国で日本語を教えたいという人は、どのような場所で教えるのかを決めておく事と、なおかつ、日本に居る際に語学関連の教員免許を取得しておく事、そして、外国人に向けた日本語学校で教師としての経験を積んでおく事が、英国内で確実に職を見つける事ができる方法と言えるでしょう。

このページの先頭へ