イギリスで働ける業界・職種、どんな感じ?

海外で就職を希望する日本人が徐々に増えてきています。また、海外で働く事は、日本とは全く異なった社会の一員として働く事から、より広い視野で物事を考えられるようになったり、より自分の望むものに目的を絞ることができるなどのメリットがあります。また、海外の企業は日本よりもインターナショナルな雰囲気を持った場所が多いので、常に他の国と協力をしながら一つのプロジェクトを作り上げていくなど、やりがいのある仕事が数多くあります。

そして、海外で働く場合に人気のある就職先の一つがイギリスです。これからこの国で職を探す場合には、どのような職種や業界が日本人に向いているのでしょうか。まず、ロンドンで日本人が働く場合には、サービス系の業種が最も求人数が多くなっています。その理由としては、現地の企業の中でも日本とのコラボレーションのもとに商品を企画したり、プロジェクトを進める事が多くなっているためで、日本語のネイティブスピーカーを探している可能性が高いのです。そして、その次にはクリエイティブ系の業界における日本人の需要が高まってきています。

特に、ウェブデザインやグラフィックデザイン、フォトグラファーの分野では、高い技術や知識を持った日本人が多い事から、言語面に若干の問題がある場合でも、今までの作品によっては積極的に採用をしてくれる場所が多くなっています。ある程度の知識を持っているのであれば、是非チャレンジをしたい分野と言えます。その次は、食の面での日本の人気は高く、日本食レストランのオーナーやシェフを探しているケースもあるので、個人で起業するのも一つの手かもしれません。

イギリスでの働き方、生活周りのアレコレを日本人向けにナビしているサイトがあります。イギリス求人ナビというサイトはこれからイギリスで働こうとしている方の参考になるサイトです。

 

コメントは停止中です。

このページの先頭へ